Month: November 2014

示唆を与えている

昨日は、ネットのテレビをみて読書しました。 細井和喜蔵の、『女工哀史』『女給』 いや。高校生や大学生のころに読書するのは、考えものですねぇ。

非常に多い

ある程度は、今の若者が大人になるまでの、時間が解決するしか無いのかもしれません。 中国人の90%は日本人と会ったことがないそうです。どこの国の国民も基本的には変わらないのだが、やはり教育しかない。