眼のピント

内臓脂肪が多いことによる肥満が確認された上で、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多」、塩分の過剰摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」のうち2個以上合致するような健康状態のことを、メタボリックシンドローム、略してメタボと呼んでいるのです。
流行性感冒、即ちインフルエンザに対応した予防するための方法や手当といったベーシックな措置自体は、それが例え季節性インフルエンザでも新型インフルエンザでも一緒です。
暗い場所だと光量不足によって物が見づらくなりますが、更に瞳孔が開くので、眼のピントを合わせるのに余分なエネルギーがかかり、光の入る場所でモノを眺めるよりも疲労が大きいと言えます。
内臓脂肪症候群(メタボ)であるとは診断されなかったとしても、臓器に脂肪が多く蓄積してしまうような悪質な体重過多になってしまう事に縁って、色々な生活習慣病を誘引しやすくなります。
消化器科で診てもらう急性腸炎は、大方は腹痛・吐き気・下痢の症状が出る程度ですが、バイ菌の感染によるものの場合はひどい腹痛・ずっと続く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・水下痢の他に38度以上の高熱が出るのが相違点だといえます。
下腹の激しい痛みをよく起こす主な疾患には、盲腸と混同しやすい大腸憩室症、尿路に石ができる尿路結石症、炎症性腸疾患のひとつである潰瘍性大腸炎、重篤な症状を示す急性腹膜炎、卵巣の疾患などの病名が挙がるようです。
ダイエット目的でカロリーを抑制する、ほとんど食べない、などの暮らし方が結果として栄養をも不足させ、酷い冷え性を招いていることは、色んなところで問題視されていることです。
「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」とは、体内の脂肪の付いている度合いのことで、「体脂肪率(percent of body fat)=体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(body weight)×100」という数式によって調べられます。
ヒトの耳の内部構造は、外側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3種類に分類できますが、中耳のところに様々な細菌やウィルスがうつることで炎症がみられたり、液体が滞留する症状を中耳炎と言います。
肥満というのは前提として摂取する食物の栄養バランスや運動不足などが原因ですが、量は変わらない食事をとっていても、あっというまに終了する「早食い」を日常化することによって体重過多に陥っている肥満(obesity)の状態を招く恐れがあります。
花粉症の緒症状(鼻みず、鼻詰まり、連発するクシャミなど)のために夜よく睡眠を取れないと、そのために睡眠不足の状態になり、次の日起床してからの行動性に良くないダメージを及ぼすこともあるのです。
グラスファイバーで作られたギプスは、丈夫で軽くて着け心地が良い上に長く使うことができ、濡らしても壊れずに使用できるという利点があり、現在用いられているギプスのメインだと言っても過言ではありません。
お薬やアルコール、合成着色料を始めとした食品への添加物等を特殊な酵素で分解して無毒化する働きのことを解毒と呼び、肝臓が果たしている非常に大事な機能の一つだということは間違いありません。
花粉症というものは、森のスギや檜、松などの決まった時期に飛散する花粉が原因となり、クシャミ・目の痒み・ノドの痛み・鼻みずなどの辛くてゆううつなアレルギー症状を示す病気として知られています。
パソコン画面の強くて青っぽい光を軽減させる効果のあるレンズの付いた専用メガネがいま最も人気を集めている理由は、疲れ目の低減にたくさんの人々が挑んでいるからだと推測されます。